About usクラッシュプロジェクトとは

about usイメージ

クラッシュ ロゴ

クラッシュの提案する「ものではないもの」の作り⽅

クラッシュクラッシュプロジェクト(クラッシュ)は株式会社関家具のデザインチームが作る遊び心と実験精神にあふれるインテリアコレクションです。
多様なジャンルのアイテムを組み合わせる事で生まれるギャップやユーモアのある空間造りや、こだわり選んだ素材を使ってものづくりを考え、製品を企画しています。
そんな私たちの思う、いい暮らしとは、単に高価で上質なものではなく、好きなものや思い入れのあるものに囲まれて暮らす喜びや哀愁、なつかしさなど、形ではない心の豊かさがあるもの(こと)だと考えます。
この形のないものをどうしたらプロダクトに起こせるか、空間に見出せるか、製品を考えるうえで私たちが大切にしている言葉があります。
「心躍るものとの出会い」
そんな心情の機微を想像しながら、セオリーやメソッドに縛られることのないクラッシュ独自のユーモアのある世界観を提案しています。

about usイメージ

古材(リサイクル材)の家具に楽しみながら関わる。

Brand Concept

古材のもつ独特の空気感を家具としていかしたい、という思いで作りました。感じていただきたいのは長 い時間の流れと、古材だけがもつ木の温もりと哀愁。古材家具を作る際、作られたコンセプトや思いはい らないと感じていました。ただ古きを楽しみ、尊ぶ事、ただそれだけです。アンティーク風ではなく、本物の古木だからこそでる、風合いや質感を大切にモノ作りをしています。そのため、ひとつひとつの木の 風合いが異なったり、色の違いも出てきます。それら1つずつと向き合って作業をするため、同じ物を作ることはできません。古材には、その当時の生活を感じさせるような跡が出ることがあります。それは、変形であったり、穴であったり、年季の入った表情であったり。。。それらを含め古材の良さを充分にご理 解頂き「それが良い」と感じてもらえるひとに選ばれて末長くお使いいただければ幸いです。

古材について

家具に使用している古材は主に古民家を解体した際に出てくる梁や柱建具などです。 古材は釘や汚れを落とし、乾燥、製材し始めて家具に使える材料となります。新しい材で作るよりも、手間も2手間も人の手がかかっています。明らかに、新材で作った方が、早く美しく作れますが、古材には、古材にしか出せない表情や、雰囲気があります。私たちはその古材そのものの質感を大切にし、生かしながらモノ作りをおこなっております。

about usイメージ
about usイメージ
about usイメージ

私たちの製品は木を切り、 森を削る事で、環境を壊しています。

家具を作るという事は、木を切ってモノを作るという事。何十年、何百年と生きた木の命をもらい、家具を作っています。だからこそ大切に長く愛されるよう飽きの来ないシンプルな物作りを心がけています。イージーライフのテーブル工場は中国(大連)にあります。大連という場所はすごく寒い所で冬にはマイナス二十度位まで冷え込む所です。木材は大連からさらに北の吉林省からトラックで運ばれてきます。木は寒い所で育つと年輪が細かくなり目の細かい良質な木が育つと言われています。イージーライフテーブルの木材は、実は丸太の一番良い部分ではなく、本どりの際に出る幅の狭い材料を繋ぎ合わせ、大切に使用する事で木材も捨てずに、コストを抑えて作られています。残念ながら、材料としてのランクは一級品とは言えませんが、木の質感、木の持つ温かみにはなんら違いはありません。この工場は丸太の木どりから乾燥、加工まで一貫して行っており、家具だけでなく、木材、手擦り、フローリングなどいろんな製品を作っているので木材のロスがほとんどなく、木くずや廃材も工場を暖める為のまきとして利用するなど、まったく無駄がありません。正直に言うと私は中国の工場は、地球環境などにはまったく配慮が無いものと思っていましたが、実際はかなり無駄なく徹底しているので驚きました。そうやって大事に木材を使用して製品を作っていても、資源はかなり減っているそうです。植林をしてナラの木やタモの木を植えても大きくなるまでに、何十年もかかる為、もう何年かすると伐採禁止となり木を切れない時期が来るかもしれないそうです。だからこそ大切に長く愛される為の物作りを心がけたいと強く感じています。

about usイメージ

本当に良いモノを私達の生活に

ある時は、パリの街並み、ある時は中国奥地の田舎町、そしてまたあるときは東南アジアの国々へ・・・私たちは 世界中のいろんなモノを見てきました。美しいもの、汚い もの、優れた製品、そして悪いもの、いろいろなモノを見 てきたからこそできる事があります、世界中には素晴らしいモノが沢山あります。中には思わず手で触れてしまうほ ど味のあるモノ、笑顔になってしまうほど可愛いモノ、はっとするほど美しいモノ、それを私たちが新しく作るモ にどう生かしていくか、またそれらのモノにどう合わせ、どう生かすか。やっぱり良いものはいい、でも本当にいいモノを沢山の人に使ってもらう為には、求めやすく、確かな商品を紹介し作っていく事。その為に今も日々私たちは 世界中を飛びまわっています。また一つ、いいモノを見つける為にクラッシュプロジェクトの商品達は日本を中心 に世界中いろんな所で生産されています。

Brandブランド一覧