informationインフォメーション

メディア掲載:映画「はい、泳げません」に美術協力しています。

2022年06月10日


映画「はい、泳げません」ビジュアル
©2022「はい、泳げません」製作委員会

映画「はい、泳げません」

2022年6月10日(金)から公開される映画「はい、泳げません」に美術協力しています。

主人公小鳥遊雄司(たかなしゆうじ)の家で使用されています。⇒納品事例はこちら

【使用アイテム】

・2.5人掛け トット 背A47ビター 座A48ステングレー(COMFORM)


STORY

泳げない僕に、人魚のようなコーチが教えてくれた
たくさん泣くこと、笑うこと。


大学で哲学を教える小鳥遊雄司(たかなしゆうじ)は、泳げない。
屁理屈ばかりをこねて、人生のほとんどで水を避けてきた雄司はある日、ひょんなことから水泳教室に足を運ぶ。 
訪れたプールの受付で、強引に入会を勧めたのが水泳コーチの薄原静香(うすはらしずか)だった。 

その日から、ちょっと変わりモノの静香と、ジタバタしながらそれでも続ける雄司の、一進一退の日々が始まるーー!
泳ぎを覚えていく中で雄司は、元妻・美弥子との過去や、シングルマザーの恋人・奈美恵との未来など、 目の前の現実とも向き合うことに。
それは、ある決定的な理由で水をおそれることになった雄司の、苦しい再生への第一歩だった…。
原作は、第23回ミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞しドラマ化もされた著書『「弱くても勝てます」開成高校野球部のセオリー』や、 第10回小林秀雄賞受賞の『ご先祖様はどちら様』等で知られるノンフィクション作家、髙橋秀実の同名エッセー。 映画『舟を編む』で第37回日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞した渡辺謙作が、 大胆にアレンジを加えて脚本化、監督もつとめた。 長谷川博己と綾瀬はるかの映画初共演で贈る、泳げない男と泳ぐことしかできない女の、希望と再生の物語。
©2022「はい、泳げません」製作委員会

■作品情報(公式サイトより引用)

映画「はい、泳げません」

・2022年6月10日(金) 公開
・映画公式サイト  https://hai-oyogemasen.jp/