よくあるご質問

〔 商品の色、質感等について 〕

実際の商品の色と異なって見える場合がございます。あらかじめご了承下さい。

〔 商品サイズについて 〕

実際の商品と多少の誤差がある場合がございます。あらかじめご了承下さい。

〔 商品仕様、価格等について 〕

掲載商品の仕様、価格の変更、および生産の中止をする場合がございます。あらかじめご了承下さい。

〔 商品販売等について 〕

掲載商品の販売については只今準備中でございます。取り扱い店舗にてお買い求め下さい。

取り扱い店舗の情報はこちらからお探し下さい >>> 取り扱い店舗情報

組み立て、メンテナンス、ご使用上の注意について

〔 組み立て設置について 〕

・水平で、平らな床面に設置して下さい。ガタツキ、変形、転倒の原因になります。

・高温多湿の場所には設置しないで下さい。カビやダニの発生、また、木部の反りや割れの原因になります。

・冷暖房器具の吹き出し風が当る場所、直射日光が当たる場所などに置くと、木部の反り、ひび割れ、変形、変色の原因になります。

・クッションフロア/フローリング/畳に置く場合、床面のキズを防ぐ為、カーペット等の保護材を敷いたり、製品の接地面に保護材(市販のフェルト等)張るなどして

床面を保護して下さい。床面に関する保護はお客さまの管理責任となります。

・地震などで家具が倒れたり、家具の上から物が落ちてきてケガをするコトがあります。設置する際ご注意ください。

・本製品は、屋内、家庭用を目的に製造されております。屋外での使用や業務用等で使用される場合は、規定の保証が受けられない場合がありますのでご注意

下さい。

・連結金具や付属金具の取り付けなど、組み立ては確実に行って下さい。破損したり、ケガの原因になります。

・家具を移動する際は、床面を引きずらないで、大人2人以上で持ち上げて移動して下さい。

〔 使用上の注意 〕

・家具に強い衝撃を与えないで下さい。破損の原因になります。

・家具(椅子、ソファー含む)の上に乗ったり、踏み台代わりに使用しないで下さい。破損の原因になります。

・濡れたモノを直接おいた場合や、水気のあるものをこぼした場合シミになりますので、速やかに拭き取って下さい。

・製品に高温のモノを置くと、熱により表面が変化する恐れがありますので、敷物を敷くなどして気を付けて下さい。

〔 特にご注意下さい 〕

・オイル仕上げの製品は、水分/油分に弱く、長時間放置すると輪ジミやシミの原因になります。

・整髪料は、革やAPUを傷め、表面剥離の原因になります。

・ビニールまたは樹脂製品等、長時間重ねたままにすると変色等の原因になります。

・アルコール、シンナー、ベンジン等、有機溶剤を含むものを使用しないで下さい。変色、変形の原因になります。

〔 木部のお手入れ方法 〕

〔 オイル塗装 〕

普段は乾拭きで結構です。水気のモノ等をこぼした場合、固く絞ったフキンですぐに拭き取って下さい。テーブル上で卓上コンロ等を使用される場合はテーブルクロ

ス等をかけて下さい。時々、乾いた柔らかい布で拭いて下さい。汚れのひどいときには中性洗剤を薄めタオルを浸してよく絞ってから拭き取り、そのあとぬるま湯で

拭き取ってから乾拭きして下さい。塗装面のつやが変わったりする場合がありますので化学雑巾は使用しないで下さい。また、年に2度ほど市販の家具用オイルで

お手入れして下さい。(オイルは亜麻仁油主体のオイルを使用してください。)

〔 オイルでのメンテナンス方法 〕

オイル仕上げの家具を長くお使いいただくと、染みや小さな傷や汚れなどがついてしまうことがあります。そういった傷や汚れは、オイルでのメンテナンスをすれば、

新品同様に生まれ変わります。

①サンドペーパー#240で表面を木目にそって一定の方向に磨いてください。

②磨いて出てきた木くずは、きれいに拭き取ってるか掃除機などで吸い取って下さい。

③オイルを柔らかい布(ご不要の布キレでも可)に含ませて、サンドペーパーで磨いた部分に塗ってください。

④色見やオイルの塗装具合も見ながら②~③の作業を2~3回行ってください。

⑤乾燥、オイルの種類にもよりますが12時間ほど乾燥させてください。

※オイルについては、ご購入されたオイルの説明書をご覧下さい。

〔 ウレタン塗装 〕

普段は乾拭きで結構です。水気のモノ等をこぼした場合、固く絞ったフキンですぐに拭き取って下さい。テーブル上で卓上コンロ等を使用される場合はテーブルクロ

ス等をかけて下さい。時々、乾いた柔らかい布で拭いて下さい。汚れのひどいときには中性洗剤を薄めタオルを浸してよく絞ってから拭き取り、そのあとぬるま湯で拭

き取ってから乾拭きして下さい。塗装面のつやが変わったりする場合がありますので化学雑巾は使用しないで下さい。

〔 古木の製品 〕

普段は乾拭きで結構です。木目の粗い製品に関してはブラシなどで埃や汚れをかきだして フキンで拭き取って下さい。水気のモノ等をこぼした場合、固く絞った

フキンですぐに拭き取って下さい。テーブルやデスクの製品で卓上コンロ等を使用される場合はテーブルクロス等をかけて下さい。汚れのひどいときには中性洗剤を

薄めタオルを浸してよく絞ってから拭き取り、 そのあとぬるま湯で拭き取ってから乾拭きして下さい。塗装面のつやが変わったりする場合がありますので化学雑巾は

使用しないで下さい。

〔 張地部のお手入れ方法 〕

〔 革張地/APU 〕

日常のお手入れは、乾いた柔らかい布で軽く拭いて下さい。また、年に2度ほど市販のレザークリーナーでお手入れして下さい。

(方法はクリーナー表記された説明書をご覧下さい。)

汚れがついた場合は、中性洗剤を薄めたぬるま湯に柔らかい布を浸し、それを良く絞って表面をたたく様に拭き取って下さい。その後、水拭きをして洗剤を取り除いた

後、乾いた柔らかい布で磨いて下さい。(部分的に磨かず、汚れ周辺もまんべんなく磨いて下さい。)

〔 PU/PVC 〕

日常のお手入れは、乾いた柔らかい布で軽く拭いて下さい。汚れがついた場合は、中性洗剤を薄めたぬるま湯に柔らかい布を浸し、それを良く絞って拭き取って下さい。

その後、水拭きをして洗剤を取り除いた後、自然乾燥させて下さい。

〔 ファブリック 〕

日常のお手入れは、ブラシや、掃除機などで縫い目や隙間のゴミを取り除いて下さい。汚れがついた場合は、中性洗剤を薄めたぬるま湯に柔らかい布を浸し、それを

良く絞って表面をたたく様にして下さい。(汚れを布に写し取る感じでたたき拭きして下さい。)

その後、水拭きをして洗剤を取り除いた後、自然乾燥させて下さい。カバーリング製品の場合は、クリーニング店にてドライクリーニングをして下さい。